増加するカンボジアの技能実習生

現在の日本は、未曾有の少子高齢化社会を迎えています。

その傾向は未だにピークを迎えておらず、2025年になって高齢者の割合が頂点に達すると見られているのです。

カンボジアの技能実習生に今、注目が集まっています。

そして、子供を増やしたくても経済に不安を感じる人が多いことや、保育所の待機児童の問題などがあり、多くの人が子供を産むことに躊躇しています。
このようなさまざまな課題解決をしていかなければ、若い世代の人口を増加させていくことは難しい状況なのです。
さらに2025年に高齢者の数がピークを迎えた後には、人口減少が急激に始まり、現在1億を超している日本の人口は2050年には8000万人台になると予想されています。

そこで問題となるのは、働き手がかなりいないということです。現在でもその問題は深刻で、各企業が人材の少なさに困っています。それを補うために、以前では中国人やフィリピン人の技能実習生を受け入れていました。

しかし、これらの国々からの技能実習生も、今では量と質の問題で減少しているのです。



そこで代わりに増加しているのが、カンボジア人です。
カンボジアは経済発展の兆しがある段階ですが、まだまだ貧困に困っている人々がたくさんいます。
そんな中で、働き盛りの20代の人口が、最も多くなっているのです。



そのため、貪欲に働きお金を稼ぎたいと考える人が多く、グローバルなヒューマンソリューションのサービスを提供する事業者が、カンボジアの現地で研修を行い、技能実習生として企業に紹介する傾向が多くなっているのです。