カンボジアの技能実習生について

発展途上国の若者が日本に技能実習生として、ここ数年技能を学びに来社するケースが増えています。特に発展途上国と言えば東南アジアや南アメリカの国々を想像する方が多いと思いますが、その通りでタイやマレーシア、カンボジアが挙がります。

カンボジアの技能実習生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

特にカンボジアでは、昔の内戦を乗り越え中国がインフラ構築の支援を行なっており、目覚ましい経済成長をとげつつあります。



そこで、技術立国である日本で技能を習得し、自国へ帰りその職業に従事する事で国の発展へ貢献をする若者が増えてきています。技能実習生の日本における滞在期間は最長三年間と定められており、住み慣れた土地を離れ言葉が通じない国へ行くことへの不安と期待感を込めながら旅立ちます。一方、受入先の企業内でも、工場や現場がある企業なら安全を第一に守らせる必要があるため、多国語対応した安全標識の準備や彼らの住居手配等の準備を行いスムーズに決まった期間内で技能実習生としての必要なスキルを伝授させていきます。


特に重要なことは、カンボジア人と日本人の価値観の違いを理解することが重要です。


例えば仕事で納期遅延が発生した場合、日本人なら何故遅れたのか追求し、遅れた側は平謝りを行いますが、カンボジア人は自分が悪いとは思いつつ謝ったらそれで終わりです。それ以上の追求はメンツが潰されたと感じ、復讐や報復行為に及ぶことに発展されかねません。



なので、彼らを尊重しながら、違いの文化や価値観を理解しあいそれにあった教育が技能伝授のやりかたが必要となります。