カンボジアの技能実習生の特徴 - 増加するカンボジアの技能実習生

カンボジアの技能実習生の特徴

カンボジアは東南アジアに位置する発展途上国の1つです。

安心、信頼のカンボジアの技能実習生はかなり有益な情報が揃っています。

冷戦時代のベトナム戦争に巻き込まれ、ポル・ポトという独裁者によって、一時は壊滅的なダメージを受けました。
今ではそこから立ち上がろうと、若い人を中心として、国の再建のために奔走しています。



日本にも毎年多くの技能実習生がカンボジアからやって来て、全国各地で働きながら勉強しています。


前述のような歴史もあり、カンボジアから来る技能実習生は、国の再建のために一生懸命な人が多く、貴重な労働力として雇われています。

また、カンボジアは仏教徒が多く、素直な心を持つ人が多いという特徴を持つため、仕事の覚えも早く、何事も純粋に頑張ります。



また、いつでも笑顔を絶やさない人が多く、職場の雰囲気を壊すことはなく、むしろ和やかなものにしてくれるでしょう。
その反面、おとなしく照れ屋な性格なので、あまり主張が強くなく、たとえ辛くても表に出さないことも多いので、頻繁にコミュニケーションを図ることによって、悩みや相談がないかを気にかける必要もあるでしょう。


カンボジアに限らず、東南アジアからやって来る技能実習生は、人件費が安いという印象が強いですが、決して低賃金で働かせてはなりません。

彼らは非常に一生懸命働きつつ、必死に技能を習得し、母国へ役立てようと奮起します。

その点は、現在では経済が停滞中の日本の人々も見習うべきであり、お互いに尊重し合いながら成長していくことが大切です。